調査研究レポート
update:2016/06/02
次世代ワークスタイル研究シンポジウム in ブリーゼプラザ
求職者や若手人材に向けたブランドづくりとは?!
●次世代カンパニー
株式会社スマイルズ 代表  遠山 正道さん
●次世代カンパニー
面白法人カヤック 代表取締役CEO  柳澤 大輔さん
● 会場
ブリーゼプラザ
web_eye

【 求職者や若手人材に向けたブランド力 】

中小企業がブランド力を身につける必要性とその方法に迫り、採用や定着に向けた自社の魅力づくり・発信のために必要なノウハウを学ぶセミナーイベントを開催した。当日は153名の方が参加。魅力的なブランドづくりで知られる先進企業の代表2名をゲストに、各社の取り組みをご紹介いただいた。

【 “共感”による会社づくり、ブランドづくり 】

株式会社スマイルズ 代表取締役社長 遠山正道氏 食べるスープの専門店「Soup Stock Tokyo」や、現代のセレクトリサイクルショップ「PASS THE BATON」など、現代の新しい生活の在り方を提案し、多くの共感者を得ている株式会社スマイルズ。会社の想いを社内で共感しているからこそ、若者を惹きつけるブランドや世界観を生み出すことに成功し、世の中を魅了し続けている。これまでに手がけてこられた事業やエピソードをもとに、世の中の「共感」を生むブランドづくりについてご講演いただいた。

【 中小企業のブランドづくりのために始められること 】

遠山氏、柳澤氏、それぞれのご講演のあと、中小企業のブランドづくりのために何が必要なのか具体案をディスカッションした。理念を追求し、会社として「どうありたいか」や「やらないこと」を考えると自ずと自分たちにとっての価値と採用戦略のアイデアが見えてくる。「自分たちは何者であるか」ということを第三者に言語化してもらうこと、採用の際に受け皿となるコンテンツを準備することなど、経営者ならではの視点でこれまでの試行錯誤から生まれた実践についてディスカッションをしていただいた。

参加者の感想・声

  • 社外アピールに目を向けがちでしたが、インナーブランディングの重要性を感じました。
  • 自己満足ではなく、周囲からも共感されることの重要さを学びました。第三者目線も仕組みに入れていきます。
  • 核となるものを決めて企業活動を進めることの重要性を考えるきっかけになりました。


※本イベントおよびレポートは、NPO法人スマイルスタイルが、大阪府雇用推進室より委託を受け、「地域人づくり事業(雇用拡大プロセス)未就職卒業者等と優良中小企業早期マッチング事業(事業期間2015年3月〜2015年12月)」の一環で作成したものです。